任意保険のしくみと必要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車やバイクの運転免許を取得して公道を走る上で大きく3つの責任があると言われています。1つ目は刑事上の責任で、歩行者をバイクではねてケガをさせたり、走行中の車と衝突して運転手や同乗者を死亡させた場合は業務上過失致死(致傷)の罪に問われることになります。道路交通法や刑事法によって裁かれ、判決によっては刑務所に入れられることもあります。2つ目は行政上の責任で、交通ルール違反に対して課される過料や免許取消、停止といった処分がなされます。仕事で運転免許が必要なトラックやバスの運転手は職を失ったり生活を壊してしまうことにもなるので、車やバイクを運転する際には安全運転を心がける必要があります。

そして3つ目が民事上の責任で、ケガをさせてしまった相手に対して手術や入院費用だけではなく慰謝料などを支払う必要があります。不幸にも相手を死なせてしまった場合は遺族に対して賠償責任を負うことになります。どれだけ注意をしていてもちょっとした判断ミスで大きな事故を引き起こしてしまうこともあり、交通事故のケースによっては賠償金が数億円にも上ることがあります。また会社の従業員が業務中に事故を起こした場合は会社が使用者責任として賠償の多くを支払う責務が生じることもあるので注意が必要です。

加入義務がある自賠責保険も一定の補償はありますが、自賠責保険では人に対する補償である「対人補償」は死亡事故で3,000万円まで、モノに対する補償の「対物補償」や自分自身のケガや搭乗者への補償である「人身傷害保険」は対象外となっています。そのため数億円の賠償責任を負ってしまうような事故を起こしてしまうと、相手への責任を果たすことができないばかりか自分自身の人生に対しても抱えきれないものを背負ってしまうことになります。

そこで必要となってくるのが民間の保険会社が販売している自動車保険(任意保険)で、先ほどの対人補償の場合は補償限度を無制限としていたり、対物補償や運転手自身や搭乗者への補償も手厚いのが大きな特徴です。年間にかかる費用は数万円ととても少ないとは言えない保険料ですが、万が一大きな事故を起こしてしまうリスクに備えて加入されることをおすすめします。また最近では代理店を通さず割安のダイレクト型をはじめ、無料のレッカーサービスやガソリン補給といったロードサービスが充実している自動車保険も数多くあります。見積もりを依頼するだけで買い物に使えるポイントをゲットできたり、お米プレゼントや豪華家電が当たるキャンペーンを実施中の一括見積もりサービスや保険会社もあるので比較検討して最も良い任意保険を選ぶことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。