自賠責保険の補償内容と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車やバイクを運転する人に加入が義務付けられている自賠責保険ですが、補償対象となっているのは対人のみで交通事故で被害者を死亡させたり高度障害に至らせた場合に3,000万円~4,000万円の補償額が被害者に直接支払われることになるのが大きな特徴です。被害者が所有しているモノや自動車などを壊してしまった場合でも自賠責保険では補償されないので注意が必要です。過去の判例では物損で数億円以上の支払いが命じられたケースもあるので、自賠責保険だけは大きなリスクがある点も覚えておきましょう。

一般的には車を購入する際に販売店や中古車ディーラーなどで自賠責保険に加入することになりますが、JAや全労済といった共済でも自賠責保険に加入することができます。ただしどのような形であっても運転する車に常に携行することが義務付けられており、任意保険のロードサービスを受ける際にも確認を受けることがあるので運転する前に証書がダッシュケースの中にあるかどうか常に確認しておきましょう。また加入者に発行されるステッカーを自動車の場合はフロントガラスに、バイクの場合はナンバープレートに張り付ける必要があります。

また死亡、高度障害だけではなく、事故によるケガで入院や手術が必要になった場合も自賠責保険で補償されます。例えば骨折で手術が必要で1週間の入院と休業を余儀なくされた場合、手術費用、入院費用、休業損害に加えて慰謝料も支払われます。しかしながら注意しなければいけないのがケガの補償は合計で120万円までとされており、超える費用は加害者に対して直接請求する必要があります。加害者に十分な支払い能力や貯金が無い場合、泣き寝入りすることにもなりかねません。このような場合は政府に対して被害者保障の請求を行うことができます。ただし厳重な審査がなされるのですべての補償を受けられるという保証はなく、任意保険に加入しておけば相手が自賠責保険に加入していなくても補償を受けられる保険もあります。

加入が義務付けられている自賠責保険に加入していないと、1年以下の懲役または50万円以下の罰金刑を受けたり、違反点数6点となって免許停止処分を下されることになります。また未加入のままで交通事故を起こしてしまった場合、民間の任意保険では自賠責保険の補償額を差し引いた金額しか補償されないので注意しておきましょう。さらには飲酒運転など運転手に故意または重過失が認められる事故の場合、自賠責保険だけではなく任意保険の補償外となってあらゆる保険金を請求できなくなるのでくれぐれも飲酒運転だけは止めるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。