自損事故、無保険車傷害保険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自損事故とは運転中にガードレールや電柱にぶつけてしまったというような事故で、相手方がいない事故であるのが特徴です。また車同士の事故であってもこちらの過失が10割で相手方に過失が無い場合も自損事故としてみなされます。もし自損事故で相手方が死亡したりケガを負った場合は「自賠責保険」や任意保険の「対人賠償保険」から補償されることになり、また自損事故でガードレールや電柱、お店の看板などを壊してしまった場合は「対物賠償保険」から補償されることになります。

運転者自身が自損事故で死亡したりケガを負った場合、任意保険の「搭乗者傷害保険」や「人身傷害保険」を付帯させておけば過失割合に関係なく補償されます。ところがこのどちらの保険も付帯させていな場合に自損事故を起こしてしまうと、運転者自身が死亡したりケガしたケースでは何の補償も受けられないことになります。そこで任意保険の「対人賠償保険」に自動付帯されているのが「自損事故保険」で、搭乗者傷害保険や人身傷害保険を付帯されていると自動付帯から外れる保険会社もあります。

自損事故保険が適用されるとあらかじめ定められた保険金額が支払われることになり、例えば死亡保障1,500万円、入院1日6,000円などとなっています。ただし補償金額は最低限のものとなっているため、例えば同乗者を自損事故で死亡させてしまい、多額の賠償金を請求された場合は自損事故保険では対応できません。このようなケースに備えるためにも「人身傷害保険」を付帯させておく方が安心です。

一方で自損事故で契約車が壊れてしまった場合、「車両保険」の一般タイプ(オールマイティタイプ)を付帯させていれば保険金を受け取ることができます。ただし事故有の適用とされるため等級が3等級ダウンし翌年から保険料が大きくアップしてしまいます。そのため、まず修理工場に依頼してあらかじめ見積もりを取ってもらい、修理費用と保険料アップを比較して車両保険を使うかどうかを検討することが大切です。自損事故を起こした場合は警察へ届け出て事故証明書を取らないと保険金が下りないこともあるので注意が必要です。

自損事故保険そのものは先述した通り最低限の補償内容ですが、搭乗者傷害保険と重複して補償が受けられる保険会社もあります。ご家族や友人を同乗させてよくドライブされる方などは補償内容について更新ごとに確認されることをおすすめします。

また事故の相手方が自賠責保険や自動車保険(任意保険)に加入していなかった場合に、相手方が事故の賠償金を支払えないケースで役に立つのが「無保険車傷害保険(特約)」です。死亡、後遺障害のみが補償対象となっており、人身傷害保険を付けなかった場合に自動で付帯される保険です。当てにげや引きにげのような加害者が特定できない場合でも補償の対象となっているので、保険金を受け取って後遺障害を受けたあとの生活費や葬儀代などに充てることができます。ただし車両の修理は補償外となっているため、車両保険に加入していないと修理費用が下りないので注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。