家族間の等級引継ぎ方法、条件について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車保険の保険料を左右する等級制度ですが、同居の家族(3親等内など)であれば等級を引き継ぐことができます。例えば父親が18等級という高い等級を持っていて免許証を返納し車に乗らなくなった場合、同居している息子が乗っている車に高い等級の自動車保険を引き継がせることができます。ただし一世帯で所有する車の増減が無ければ等級の引継ぎを行うことはできないので注意が必要です。

父から車を譲りうける息子

例えばもともと1台の車Aを父親と息子で共有していたところ(父親名義の自動車保険、18等級)に、友人から車Bを譲ってもらい息子が車Bを乗ることになったとします。この場合であれば父親名義の自動車保険の対象車を新しい車Bに変更し(車両入替の申請)、その後に18等級の自動車保険を父親の名義から息子の名義へと変更します。これによって新しい車Bには18等級の自動車保険で加入することができ、保険料を大きく節約することができます。そして以前の車Aにはセカンドカー割引で7等級から新しい自動車保険契約を父親が行うことで両方の車に任意保険がかけられることになります。

  • 家族間での等級引継ぎ条件
  • ・同居している家族(6親等内の血族、3親等内の姻族)
  • ・配偶者または内縁関係
  • ・車が増えたり減ったりすること(新車購入、廃車、増車など)

特にこのような場合であれば低い等級の自動車保険から年齢が若い人を補償範囲から外すことが大切です。もし、もともと2台の車を所有していて古い車にかけている高い等級の自動車保険を別の車に引き継ぐ場合にはどのようにすればよいのでしょうか?この場合では車の増減がないため基本的には等級の引継ぎができません。そのため古い車を廃車または売却することを保険会社の担当者に伝え、案内をもとに廃車手続きや名義変更を行うことが引継の条件となってきます。

別居か同居の判断の分かれ目

息子が転勤で離れて暮らすことになり、新しく車を購入する場合は注意が必要です。いったん引っ越してしまうと別居となるため等級の引継ぎを行うことができなくなってしまいます。このような場合は新車の納車日に合わせて保険を切り替える必要があるため、納車日が判明した時点で車両入替の申請、車の納車および保険の切り替え、その後に引越しを行う必要があります。保険会社によっては車両入替の申請日の時点で同居していれば引継ぎ可能なところもあるので担当者によく確認しておきましょう。

また離婚によって財産分与として所有している車を配偶者の名義に変える場合も注意が必要です。離婚前に別居してしまう夫婦もいるので、このような場合も配偶者や子供に等級を引き継がせることができなくなってしまいます。同居か別居は住民票で判断されるのではなく、実際に生活を共にしているかが重視されます。同じ建物の中で寝食を共にしていれば同居とみなされ、そのため結婚していなくても内縁関係であれば等級を引継ぐことができます。

反対にどんなに近くに住んでいる親族であっても実態的に同居していると判断されなければ等級を引継ぐことはできません。例えば完全な二世帯住宅で家の中で往き来できない構造になっている場合(壁によって塞がれているなど)は同居として認めてくれません。

等級の引継ぎのために住民票を実家にいったん戻し、表面上は同居に見せかけて等級を引継ぐことができることもあります。しかしもし事故を起こして調査が入り不正な等級引継ぎが判明した場合は、保険料の差額を支払わなければならないだけではなく保険金が下りないこともあります。このようなことにならないためにも、保険会社の担当者からきちんとした引継ぎ方法を確認しておくことが大切です。

参考リンク
・Yahoo!知恵袋「自動車保険の等級を親から引継ぎたかったのですが、子である私が就職し別居しているので難しいことが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。