事故で全損になった場合に請求できる保険金の種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、親戚が運転中にトラックから前面右方から衝突されました。相手方の前方注意不足による右折(赤信号発車)が原因でしたが、幸いにもエアバッグが機能し双方にケガはありませんでした。保険会社の対応も比較的スムーズで相手方の過失100%と判断されたため修理費用などをすべて相手方に請求することができたのですが、親戚が運転している車は「全損」と判断されたため車の買い替えか修理を検討しなくてはいけませんでした。その際に請求できた保険金の種類と全損と判断された場合の注意点についてまとめています。

トラックと衝突事故で全損した車

親戚の車は事故によって前面が大きく凹みフロントガラスも割れてしまっていましたが、エンジンはかかる状態ではありました。修理にかかる費用としては44万円ほどの見積もりが提示されましたが、親戚が乗っている車は型式が古い車両で時価額(30万円)が修理費用の44万円を下回っていたために「全損」と判断されました。

全損とは車が車としての機能を全て失うという意味だけではなく、修理費用が時価額(保険会社が基準価格を参考にしているレッドブックに記載)を上回る状態のことも言います。全損と判断された場合に相手方の保険会社、また自身が加入している保険会社に請求できる保険金はそれぞれ以下の通りです。

  • 相手方の任意保険
  • ・対物賠償保険
  • ・全損時修理特約(相手方)
  • 自身の任意保険
  • ・車両保険
  • ・車両無過失事故特約
  • ・全損時修理特約(車両超過修理費用特約)
  • ・買替時諸費用特約
  • ・新車特約
  • ・ロードサービス(帰宅宿泊費用サービス、無料代車など)
  • ・弁護士費用特約

まず相手方が任意保険に加入しており対物賠償保険を付帯させている場合は、車両の修理費用または全損時には対象車両の時価額を請求することができます。相手方が任意保険に加入していない場合に備えて「無保険車傷害特約」というものもありますが、これは事故によってこちらがケガや死亡した場合のみに補償されるもので自分の車の修理費用は補償されないので注意が必要です。

また無保険車に事故を起こされた場合はこちらの車両保険を使って自身が加入している保険会社に保険金を請求することができますが、こちらに過失が無い場合でも「車両保険無過失事故特約」を付帯させていないと翌年から3等級ダウンとなるので注意が必要です。

どうしても全損した車を修理して乗りたいという場合には、「全損時修理特約」を付帯させておくと車両の時価額を上回る部分について保険会社が負担してくれます。事故の相手方の超過修理費用を補償する特約もあるので、相手方がこの特約に加入している場合は相手方の保険会社に超過分について請求することも可能です。

反対に車を買い替えるという場合には、買い替えにかかる諸費用を負担してくれる「買替時諸費用特約」を付帯しておけば便利です。特に購入して間もない車に対しては「新車特約」を付帯させておけば、新車購入にかかる相当額を保険金として支払ってくれます。

負担してくれる諸費用 負担してくれない諸費用
・廃車費用
・車検費用
・車庫証明登録費用
・自動車取得税
・納車費用(※)
・自動車税
・自動車重量税
・自賠責保険料

また車が使えなくなって買い物や通勤ができなくなって困るという方のために、無料で代車を利用できるサービスがロードサービスの中に含まれている保険会社もあります。無料で代車を利用できるのは修理にかかる期間や買い替えにかかる期間としている保険会社もあれば、1日~1週間までとしている保険会社もあるので契約時に必ず確認するようにしておきましょう。

相手方の過失割合が100%の場合の注意点

相手方の過失割合が100%ということは相手方が事故に関するすべての責任を負うということであり、事故によってこちらが被った損害のすべてを賠償してもらえるように請求することができます。ただし注意しなければいけないので、相手方の過失割合が100%の場合は自身が加入している保険会社が相手方の保険会社と示談交渉を行うことができない点です。そのため、相手方の保険会社と修理工場の指定や修理費用、車の買い替えに必要な諸費用の負担についても自ら交渉しなくてはいけません。

弁護士による交渉

このような場合に備えて「弁護士費用特約」を付帯させておけば、代わりに示談交渉を行ってくれたり裁判にかかる費用を保険会社が負担してくれるので泣き寝入りするリスクを抑えることができます。もちろん任意保険に加入していない無保険車の運転手に対しても継続して交渉してくれるので、交通事故によるトラブルに巻き込まれないためにも弁護士費用特約を付けられることをおすすめします。ちなみに弁護士費用特約のみを使用しても等級はダウンしません。

参考リンク
・SBI損保「全損時諸費用保険金特約

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。