テレマティクス保険の特徴と各社比較

    テレマティクス保険とはドライブレコーダーや専用のスマホアプリなどを用いて、車の走行距離や運転者の安全運転レベルの分析や測定を行い自動車保険の保険料に反映させるというものです。測定装置の精度が向上したことで日本にも導入されるようになり、2020年には任意保険の加入者のおよそ3割がテレマティクス保険を利用すると予測されています。

    安全運転を行う女性

    テレマティクスとはTelecommunication(通信)とInformatics(情報工学)を組み合わせたもので、大きく分けて「走行距離連動型(PAYD)」と「運転行動連動型(PHYD)」の2種類があります。走行距離連動型はGPSなどを利用して車の年間走行距離を測定し、走った分=リスクの大きさに応じて保険料に反映させています。一方で運転行動連動型は比較的新しいタイプのテレマティクス保険で、保険会社から支給される専用装置(ドライブレコーダー、ブラックボックスなど)を対象車両に取り付けて安全運転のレベルを測定します。

    • 走行距離連動型(PAYD) … 走行距離に応じて保険料が変わる
    • 運転行動連動型(PHYD) … 運転者の安全運転スコアに応じて保険料が変わる

    特に注目を集めているのは「運転行動連動型」で、安全運転を行う被保険者が最大20%の保険料割引を受けられるようになっています。また政府もテレマティクス保険加入者の運転方法を分析し、事故率低下に寄与しているか統計分析を行うこととしています。テレマティクスの装置を用いて保険会社が集める情報は以下のようになっており、それぞれの会社ごとに計算方法や事故率に対する考え方が異なるので同じデータであっても保険料への影響は異なります。

    運転情報運転行動情報
    ・運転日時、運転時間、頻度
    ・運転距離
    ・運転場所
    ・最高速度、平均速度
    ・アクセル、ブレーキ(頻度、強さ)
    ・車線変更(速度、頻度)
    ・コーナリング
    ・エンジン回転数

    現在日本でテレマティクス保険を導入しているのは、「損保ジャパン日本興亜」「ソニー損保」「セゾン自動車火災」「三井住友海上」「東京海上日動」「あいおいニッセイ同和損保」「チューリッヒ」です。各社の記録方法や対応している連動タイプ、最大割引率は以下のようになっています。

    保険会社名称、記録装置対応タイプ最大割引率、利用料
    損保ジャパン日本興亜ポータルスマイリングロード
    (カーナビアプリ)
    走行距離
    運転行動
    -%
    20%
    ソニー損保やさしい運転キャッシュバック
    (ドライブカウンタ)
    走行距離
    運転行動
    -%
    20%
    セゾン自動車火災おとなの自動車保険
    (専用車載器+スマホアプリ)
    事故対応無料
    三井住友海上GK 見守るクルマの保険
    (専用車載器+スマホアプリ)
    運転行動、事故対応月額300円
    あいおいニッセイ
    同和損保
    タフ・見守るクルマの保険
    (専用車載器+スマホアプリ)
    運転行動、事故対応月額300円
    東京海上日動ドライブエージェントパーソナル
    (ドライブレコーダー)
    運転行動、事故対応月額650円
    チューリッヒZ-Assist
    (ドライブレコーダー)
    運転行動、事故対応

    テレマティクス保険を提供している損保会社の中でも運転行動連動型を利用して保険料の割引を行っているのは「損保ジャパン日本興亜」と「ソニー損保」の2社のみで、安全運転スコアが最高レベルを獲得すると保険料が最大20%となるので、安全運転に自信がある方は加入を検討してみましょう。

    残りの会社はドライブレコーダーやスマホアプリを使って安全運転スコアを測定したり、万が一の事故の際にGPSを使って迅速に事故対応ができるようになっています。ただし、事故対応のサービスを向上させるためのテレマティクス保険は月額保険料が300~650円上がってしまうところもあるので注意が必要です。各社が提供している無料利用できるロードサービスの内容を確認した上で、必要なサービスか検討することが大切です。

    テレマティクス保険で節約するポイント

    テレマティクス保険の割引制度をうまく活用すれば保険料を大きく節約することができます。反対にペーパードライバーで運転技術が未熟な運転手にとっては、ゴールド免許割引が適用されたとしてもこれまで以上に保険料が割引されない可能性もあります。各保険会社によって安全運転スコアの採点方法や割引を重視するポイントが異なるので、自分自身の適性が最も生かせる保険会社を選ぶことが保険料節約につながります。

    今後はドライブレコーダーやカーナビに専用アプリをインストールしたり、衝突安全ブレーキが搭載された車のITシステムと連動してテレマティクス保険が普及されていくと予想されています。また自動運転システムを搭載した車の安全性が認められれば保険料の割引につながると考えられますので、自動車保険の更新の機会に最新情報をチェックし契約車両がどのような割引を受けられるか確認されることをおすすめします。

    参考リンク
    ・国土交通省「テレマティクス等を活用した安全運転促進保険等 による道路交通の安全
    ・損保ジャパン保険料「ポータルブルスマイリングロード