飲酒運転や煽り運転での補償適用について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近ニュースで騒がせているのが女性タレントによる飲酒ひき逃げ事故です。飲酒運転を行った上に信号無視で歩行者と衝突、救護活動を行ったり警察に連絡することなくその場から立ち去り、その後自ら出頭するという形で逮捕されました。事故の一部始終がドライブレコーダーでも記録されており、事故対応の悪質性からも話題になっています。

飲酒運転する人

また2017年6月には東名高速では煽り運転を受けたドライバーが追越車線上で停車させられ、後ろからきた大型トラックに追突されたことで夫婦が亡くなるという事件もありました。このような飲酒運転や煽り運転といった悪質な運転によって引き起こされた事故でも、運転していた人は自動車保険によって補償してもらえるのでしょうか?

補償される保険 補償されない保険
自賠責保険
対人賠償保険
対物賠償保険
人身傷害保険
搭乗者傷害保険
自損事故保険
車両保険

飲酒運転や煽り運転によって引き起こされた事故では、基本的に自動車保険の補償を受けることができません。保険会社の約款でも免責事項として定められており、運転者による故意や重大な過失(飲酒運転や煽り運転、無免許など)がある場合は補償の適用外となります。

ただし「被害者救済」という観点から一部の保険は適用されて、加害者であるドライバーではなく被害者に対して保険金が支払われることになります。保険が適用されるのは「自賠責保険」「対人賠償保険」「対物賠償保険」で、事故の相手方が飲酒運転だった場合でも相手方が加入している保険会社から保険金を受け取ることが可能です。

飲酒運転や煽り運転で事故を起こし自分自身がケガを負った場合、「搭乗者傷害保険」や「人身傷害保険」は適用されず手術や入院にかかる費用は実費で負担しなければいけません。保険対象の車に別の人が乗っている場合では保険適用されることもありますが、保険会社によって対応が異なるので注意が必要です。また同様の事故で車が壊れてしまった場合でも「車両保険」を使うことができないので、高級車や新車を乗る際には特に気をつける必要があります。

罰則と悪質な運転を防ぐポイント

  • 酒酔い運転
  • ・5年以下の懲役または100万円以下の罰金
  • ・違反点数35点、免許取り消し、欠格期間3年
  • 酒気帯び運転(呼気中アルコール濃度0.25mg/ℓ以上)
  • ・3年以下の懲役または50万円以下の罰金
  • ・違反点数25点、免許取り消し、欠格期間2年
  • 酒気帯び運転(呼気中アルコール濃度0.15mg~0.25mg/ℓ未満)
  • ・3年以下の懲役または50万円以下の罰金
  • ・違反点数13点、免許停止期間90日
  • 煽り運転(高速道路)
  • ・3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金
  • ・違反点数2点
  • 煽り運転(一般道路)
  • ・5万円以下の罰金
  • ・違反点数1点

飲酒運転や煽り運転を行うこと自体は道路交通法違反となり、罰金や免許停止の処分を受けるだけではなく場合によっては懲役刑を受けることもあります。また東名高速での事故を受けて煽り運転に関しては2018年1月17日より累積点数に関わらず最長で180日間の免許停止処分ができるように罰則が強化されました。上述したように自動車保険の補償を受けられないばかりだけではなく、車の運転ができなくなることにもつながるので飲酒運転や煽り運転をしないように日ごろから心がけることが大切です。

私が日ごろから実践している予防方法は、「飲酒運転によって失うものを想像してみる」というものです。車が運転できなくなることによって週末のドライブができなくなる、家族を送迎したり買い物に行けなくなる、社会的な信用を失う、といったイメージを「お酒を飲む前」にしっかりと行っておくことがポイントです。友人の一人はお酒を飲む前に車やバイクのカギを家族に預けておくのも有効な予防策だと話していました。

また日ごろから安全運転を心がけることで煽り運転は十分に防ぐことが可能だと感じています。ストレスを感じている心理状態では運転が荒くなってしまう傾向にあるので、サービスエリアやカフェで一休みするなどしてから運転されることをおすすめします。

参考リンク
・Allabout「飲酒運転で自動車保険は使えるの?
・政府広報オンライン「飲酒運転は絶対に「しない!」「させない!」みんなで守ろう 3つの約束

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。