更新(引受)を断られるケースと対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月は自動車保険を更新される方も多く、そろそろ更新を踏まえて保険会社の比較検討をしたり既に保険料の見積もりを依頼されている方も多いと思います。しかしながら、現在の保険期間中に起こした事故件数や等級によっては自動車保険の更新や乗り換えを断られることもあります。

拒否する担当者

任意保険の等級制度は6等級からスタートし、保険期間中に事故を起こさなかったり事故を起こしても保険を使わなければ次回の更新時に1等級アップします。等級がアップするほど事故を起こす確率が低い人だと考えられるため保険料の割引が受けられます。反対に事故を起こして保険を使うと事故1件につき次回の更新時に3等級または1等級ダウンし、保険料が割高になってしまいます。

例えば6等級の人が自損事故を起こしたため車両保険を使って車を修理した場合、次回の更新時に等級は3等級となり保険料は12%の割高となります。3等級以下になると事故を起こす可能性が高い人だと考えられるため保険料が大幅にアップするだけではなく、事故件数や過去の等級の変遷なども踏まえて次回の更新を拒否される可能性もあるので注意が必要です。

保険会社を乗り換えても等級は引き継がれるため、会社を乗り換えて契約をしてもらうことも難しくなります。ただしどのような人を引受拒否とするかは保険会社によって判断が異なります。例えば同じ等級であっても大きな事故を起こしてダウンしたのか、それとも飛び石や落書きなどによる車の修理でダウンしたのかでは運転者の運転技術や事故率に対する捉え方も変わってきます。そのため更新時期よりも少し前から一括見積もりサービスなどを利用して、更新や乗り換えができるかどうかを早めに確認されることをおすすめします。

  • 等級、事故件数
  • ・1~3等級で過去の事故件数が多い人
  • ・年間の事故件数が2件以上
  • ・1等級の人で保険期間中に事故を起こした人
  • 引受できない車種
  • ・キャンピングカー、改造車など
  • ・型式が分からない車
  • ・事業用車(ダンプカー、除雪車など)

また車の種類によっては引受を断られる保険会社もあるので、他社への乗り換えを検討されている方は注意が必要です。主に契約ができない車種としてキャンピングカーなどの特殊な車、改造している車、型式が分からない車、そして事業のために利用されている車があります。

キャンピングカーなどの台数が少ない車種は事故率などの統計的なデータを取得しにくいという面から保険料の算出が難しくなっています。そのため保険会社によっては契約を断られるところもあります。またエンジンやマフラー、車体などを改造している車に関しては個々の車によって操作性や安全性などが異なっていたり事故率がアップしている可能性があると考えられるため、任意保険の引受を拒否する保険会社が多いです。

引受拒否されても任意保険に加入するためには

車種が理由で引受を断られるケースでも、大手損害保険会社であれば自動車保険に加入することができる場合もあります。また特殊な車種を専門に取り扱っている代理店をはじめ、ダイレクト型でもSBI損保やイーデザイン損保はキャンピングカーであれば引受を行っているので、更新前によく確認されることをおすすめします。

低い等級や事故件数で引受を拒否された場合でも、担当者と面談したり事故の内容を伝えることで保険に加入できるケースもあります。この場合、過失割合などについて問われることもあるので警察の実況見分調書や相手方との示談書などが必要になることもあるので準備しておきましょう。

キャンピングカー

引受を拒否されたケースでも13ヶ月間保険に加入しなければ等級がリセットされて、6等級から新規加入することができます。この場合、13ヶ月間は自賠責保険のみで車を運転するか、限定なしで補償されている車を借りて運転することが考えられます。しかしながら、他人名義の自動車保険を使っても等級が低い人が主に運転しているのであれば記名被保険者が異なるため告知義務違反となり保険金が下りない可能性もあります。また任意保険に加入していないと大きな事故を起こした場合に多額の賠償金を支払わなければいけないため、自賠責保険だけの状態で運転することはおすすめできません。

また今回の更新で2~3等級となってしまった方は次回の更新時で等級がダウンすると任意保険に加入できない可能性が大きくなります。そのため軽微な自損事故や修理代があまりかからないキズなどであれば対物賠償保険や車両保険を使用せず、自腹で賠償金や修理費用を負担するようにしましょう。自己負担で賄うことで次回の更新で1等級アップするため、自動車保険に加入しやすくなります。

参考リンク
・シェアティブ「キャンピングカーのための自動車保険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。