自動車保険の保険期間について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車保険(任意保険)の保険期間は1年ごとに更新を行う「単年契約」が基本となっており、更新日から1年間となっています。一方で2~5年ごとに更新を行う「複数年契約(長期契約)」と呼ばれる更新方法もあり、同じ保障内容と保険料が数年にわたって適用されるのが特徴です。

単年契約の大きなメリットは毎年自動車保険の見直しができるという点です。ここ10年はさまざまな損害保険会社が新しい割引制度を取り入れたりロードサービスを充実させたりなど競争が激しくなってきているので、1年ごとに訪れる更新の度に保険会社を見直した方がより良い自動車保険を選べるというメリットがあります。また保険期間中にゴールド免許に更新できる見込みがあったり、等級が上がっていくことによって保険料が毎年安くなっていくというメリットもあります。

反対に事故を起こしてしまって等級が下がったり、ゴールド免許からブルー免許になった場合は次回の更新時に保険料がアップする可能性があります。3年間の長期契約をしていた場合に1年目に事故を起こしたとしても、2年目、3年目も同じ保険料と割引が適用されるので単年契約よりも保険料を抑えることが可能です。特に単年契約では事故有等級が3年間適用されてしまうため、もし事故を起こしてしまった場合に向こう3年間は保険料が大きくアップしてしまうのがデメリットです。

一方で、長期契約を行った場合は割引が複数年にわたって適用されたり、契約時にゴールド免許であれば契約期間中は割引が適用されます。ちなみに契約時に複数年分を一括で支払うこともできますが、毎年保険料を支払う年間払いも可能です。個人事業主が営業用に車を使用していたり、事業用として会社で所有している車の自動車保険料は経費に認められているので、税金の支払いなどについては税理士さんと相談するなどして支払う年度をうまく調整されることをおすすめします。

長期契約の場合は途中で見直しがしにくいという点もありますが、ほとんどの損害保険会社では長期契約であれば途中で解約しても違約金が発生することはありません。ただし1年間単位での契約は継続するので、3年契約の2年目や3年目に入るタイミングで見直しを検討してみましょう。特にゴールド免許になったり年齢を重ねて40代になると保険料が大幅に下がる自動車保険もあるので、一括見積もりサービスなどを利用するなどしてより安い保険会社へのかけ直しを検討してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。