対人賠償、対物賠償

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車保険の主な補償として対人賠償と対物賠償があります。対人賠償とは車の運転によって他人をケガ、死亡させた場合に補償されるもので、「入院、手術などの実費」「精神的な損害に対する慰謝料」「将来必要となる介護費用」などが請求された場合に対応していいます。自賠責保険では対人補償が3,000万円までとなっているため、死亡事故を起こして1億円以上となるような高額な賠償額に対応するためにも任意保険で対人補償を上乗せして手厚くしておくと安心です。保険会社によっては死亡事故を起こした場合に臨時の一時金として数十万円程度の給付金が出る自動車保険もあります。

対人賠償の注意点は保険に加入している家族や承諾を得て運転をした人は補償の対象外となる点です。例えばコンビニに駐車しようと思って誤って自分の妻や子供を車ではねてしまい亡くなった場合、保険加入者の家族であるため保険金が下りるということはありません。また知人に車を貸して知人が他人の家の壁にぶつかり自損事故で亡くなった場合も保険金は下りません。

交通事故を起こす車

一方で対物補償とは車の運転によって他人の所有物を破壊した場合などに修理費用や損害部分を補償するものです。自賠責保険では対物補償はないので対人補償と同様に任意保険でカバーしておくようにしましょう。過去の判例では2億円以上の損害賠償を命じる自動車事故のケースもあったので、自動車保険に加入して補償をつけておくと安心です。

対物補償の注意点は家族の持ち物は補償の対象外となる点です。例えば、自宅の駐車スペースへ車を移動させている途中で誤って家族が所有する自転車を壊してしまった場合は補償の対象外となります。また地震や津波といった自然災害による事故も補償の対象外としている自動車保険がほとんどです。そのため車の運転中に地震が発生したら周りの通行状況を確認して無理な運転をしないことが大切です。

相手を死亡させたり寝たきりの状態にさせた場合、事故に遭わなければ得ていたはずの「逸失利益」が高額となるケースがあります。また店舗など商業施設を運転中の車で壊して営業できなくなった場合、営業によって得られていたはずの「間接被害」が高額となるケースがあります。そのため自動車保険の対人補償、対物補償はともに「無制限」に設定し、できれば弁護士による示談交渉サービスが付帯されている自動車保険を選ばれることをおすすめします。

対人賠償、対物賠償を選ぶポイント

最近ではペダルを踏み間違えたりシフトの確認不足でコンビニなどの店舗に車が突っ込んでしまう事故をニュースでよく目にするようになりました。もし店の中にいる人を死なせてしまった場合、1億円を超える賠償金を請求されるケースも少なくありません。もちろん被害者の人数が増えるとその分賠償額も大きくなります。そのためにも対人賠償補償に関しては無制限にしておく方が無難です。

またコンビニやパチンコ店といった一日の営業利益が大きいお店では1億円をこえる賠償額となることもあります。そのため基本的には対物賠償補償に関しても無制限に設定しておく方が良いでしょう。補償額を無制限から数千万円に下げると保険料を節約することができますが、わずかな保険料を節約して補償額を下げるのはあまりおすすめできません。

誤発進抑制装置がついた車も最近は見かけるようになりましたが、万が一の事故を避けるためにもコンビニに駐車する際は店舗の前の駐車スペースを利用しない、できるだけバックで駐車してドライブ(D)で発車する習慣をつけるなどの工夫をすることが大切です。

参考リンク
・ロータスタウン「ペダル踏みまちがえでコンビニを破壊。その莫大な賠償金、払えるのかな?
・Wikipedia「ブレーキとアクセルの踏み間違え事故

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。