搭乗者傷害、人身傷害補償

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

対人賠償、対物賠償は相手方に対する賠償を補償する保険ですが、運転手や搭乗者が死亡した場合やケガを負った場合に補償してくれるのが搭乗者傷害保険です。搭乗者傷害保険は契約している自動車に乗っている際に遭った事故のみが補償され、他の車に乗っていたり歩行中に事故に遭った場合は補償外となっているので注意が必要です。

補償対象は死亡や後遺障害、医療保障があり、契約時に設定した保険金が支払われることになります。例えば死亡保険金1,000万円、医療給付金1万円が設定されている場合、事故で運転手や同乗者が亡くなった場合に1,000万円が、入院した場合に1日1万円が支払われることになります。

任意保険には似たような補償として人身傷害補償保険があり、契約車以外の車に搭乗していたり歩行中に事故に遭った場合でも補償対象となっているのが搭乗者傷害保険との大きな違いです。特約によってより広い範囲の事故のケースまで補償範囲を拡げられる保険会社もあります。また契約時に設定した保険金の範囲内であれば、事故の相手との過失割合に関係なく実際の損害費用を補償してくれるのも大きなポイントです。

例えばこちらの過失が3割、相手方の過失が7割の事故で、治療費に70万円、休業補償として80万円、慰謝料50万円の合計200万円の損害を被ったケースでは、搭乗者傷害保険のみに加入している場合は相手との示談交渉が終了した時点で保険会社から70万円の治療保険金、相手方から150万円の損害補償金をもらうことになります。一方、人身傷害補償保険に加入していれば相手との示談交渉を完了する前に保険会社から200万円の保険金を受け取ることができるので、入院・手術費や当面の生活費に充てることができるというメリットがあります。

またどちらの保険にも加入している場合、どちらの保険からも保険金を受け取ることができるのでもしもの場合に手厚い補償を受けられることになります。ただし人身傷害補償保険は相手の過失が10割であった場合、相手方が任意保険に加入していなかったり相手方が分からないひき逃げ、当て逃げといった場合のみ補償対象となります。対人、対物賠償と同様に飲酒運転で事故を起こした場合や地震や台風といった自然災害による損害は保険金の支払い対象外となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。