車両保険の必要性と選び方

    車の修理

    事故で運転していた車が壊れてしまった場合、自動車保険の「車両保険」を使えば修理費用を補償してくれます。ただし車両保険は自動車保険の中でも保険料を大きく左右する要素なので、付帯させるかどうかを検討することが大切です。このページでは車両保険の必要性と選び方について解説しています。

    車両保険について

    車両保険の種類

    車両保険には大きく分けてどのような事故であっても補償対象となる「一般型」、車同士の事故のみが補償される「車対車」、自転車との接触事故や自損事故は補償の対象外となる「限定A」の3種類があり、一般型にすると保険料が数万円も上がってしまうケースがあるので注意が必要です。運転に慣れていて自損事故を起こす可能性が少ないと考えておられる方はエコノミータイプがおすすめですが、家族の中に運転に慣れていない運転者がいれば一般型の付帯も検討してみましょう。

    限定Aタイプは落書きや盗難といった加害者が特定されないような場合も補償されるもので、運転には慣れているけれど高級車に乗っていたり新車を契約車両にされる方におすすめのタイプです。またエコノミーと限定Aを併せたタイプがある保険会社もあり、運転者の状況に合わせて適したタイプを選ぶことが大切です。

    車両保険の種類一般型車対車限定A
    車同士×
    自転車との接書事故××
    自損事故××
    落書き、いたずら×
    盗難×
    台風、竜巻、洪水××
    地震、津波、噴火×××

    どのタイプの車両保険を付帯させていても地震、津波、噴火による自然災害は保障の対象外となっているので注意しておきましょう。台風、洪水、火災が原因による車両への損傷の場合は、車両保険の「一般型」または「エコノミータイプ」を付帯させていれば補償されます。

    同じ自然災害でも補償されるケースと補償されないケースが出てくるのでしょうか?自然災害の中でも被害規模が大きくなることが予想される「地震、津波、噴火」の場合は補償対象に含めてしまうと、保険会社が多額の保険金を支払わなければいけない事態に陥ることもあります。保険会社が倒産してしまうと他の保険加入者も通常の補償を受けられなくなるといった影響も出てしまう可能性があり、そのため大規模な自然災害に関しては約款で補償の対象外としている保険会社がほとんどです。

    地震、津波、噴火

    ただし、保険会社の中では「車両全損時一時金特約」を地震、津波、噴火による被害でも補償しているところもあります。この特約は地震などの自然災害で車が全損したり津波で流されてしまって見つけられなくなった場合でも、一時金として50万円を支払ってくれるという補償内容となっています。車が使えないと通勤や通学、買い物といった生活に支障が出る方にとっては、一時金を利用してすぐに車を確保できるというメリットがあります。保険料は年間2,000~5,000円の間なので、貯蓄で対応が難しいという方は保険で備えておかれることをおすすめします。

    免責金額

    また免責金額を設定すると保険料を節約することもできます。例えば5万円の免責金額を設定しておくと、20万円の修理費用がかかるケースでは保険会社から15万円の支払い、自分自身が5万円を負担することになります。免責金額の設定金額によって保険料を抑えることができるので、車両価格や運転者の運転技術なども踏まえて検討してみましょう。保険会社によっても車両保険の金額は大きく変わるので、一括見積もりサービスなどを利用して保険料を比較検討されることをおすすめします。

    付帯させるメリットとデメリット

    車両保険を付けるメリットとして修理費用が補償されるという点の他に、事故を起こした相手方と過失割合でもめてしまった場合にも役立ちます。保険会社では運転手の注意義務や運転状況に応じて過失割合が細かく定められていますが、相手がいる事故の場合では言い分が異なったりで過失割合についてなかなか決まらないことがあります。しかし車両保険を使えば過失割合に関係なく修理費用を保険会社から給付してもらうことができ、通勤や通学で車を使っている方は素早く修理を済ませることができるので便利です。

    車両保険で補償されるもの

    ただし車両保険を使う場合は等級ダウンについて注意しなければいけません。車両保険を使うと事故の種類によっては3等級ダウンしてしまい、翌年から保険料がアップしてしまいます。自損事故の場合も同様ですが、車両保険を使う前にまずは修理工場に見積もり依頼をしてみて修理費用を自己負担で支払った方が得なのかどうかを見極める必要です。先に保険会社から修理費用を補てんしてもらう「車両先行払い」をしてしまうと、等級がダウンしてしまうので利用するかどうかをよく検討しておくことが大切です。

    車両保険の必要性を決めるポイント

    高級車や新車をはじめ契約車両の市場価値が高い人にとって車両保険は加入する価値がある保険です。ただし貯蓄やローンの状況、車の有無が日常生活与える影響によって車両保険の必要性も変わってくるので次の例で具体的に見ていきましょう。例えば市場価値で50万円の価値がある車を車両保険の対象としている場合です。貯蓄がなく車のローンがまだ半分以上残っているような状況では、もし事故や盗難で車が使えなくなると日常生活に大きな影響を与えます。車が使えなくなる状態によって経済的に大きな損失(会社に通えない、スーパーに行けないなど)が生み出されるのであれば、車両保険に加入するメリットは大きくなります。

    FPコメント

    車が使用できなくなることで日常生活に支障が出るかがポイントです。代車特約でカバーできる保険もあります。

    反対に新しく車を購入できる貯蓄があったり家族が別の車を所有していて日常生活に支障があまり出ないのであれば、車が使えなくなっても経済的に大きな損失が生まれることはありません。もし車が使えなくなっても割り切って50万円を支払うか、年間数万円になる保険料を節約するかは加入者の価値観によるところが大きくなります。言い換えると車両保険の保険料を1年間支払うことによって1年間の生活スタイルが保障されるのであれば車両保険に加入する必要性が高く、反対に車が無くなっても大きな影響がなければ車両保険に加入する必要性が低いとも言えます。契約車両の市場価値も加入を判断するポイントですが、日常生活への影響の大きさも加入を決める大切なポイントです。

    参考リンク
    ・All About「自動車保険に車両保険は必要かを考える