任意保険の特約について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

任意保険は対人補償、対物補償や車両保険といったどの保険会社でも共通している主な補償である「主契約」と、オプションで補償範囲を拡げたり補償を手厚くすることができる「特約」の2つに大きく分けられます。例えばファミリーバイク特約をセットすれば、家族(保険会社の規定による)がバイクの運転中に起こした事故も補償されるので安心です。

バイクの事故

保険会社によっては人身傷害保険や無保険車傷害保険を特約として取り扱っているところもありますが、この記事では主な補償内容として取り扱っています。また保険会社によってそれぞれの特約の名称が異なることもありますが、自動車保険の特約には主に以下のような種類があり4つの種類に分類することができます。

  • 補償を手厚くする特約
  • ・対物全損時修理差額費用(対物超過)特約
  • ・車内身の回り品(車両積載動産)担保特約
  • ・車両新価特約
  • 補償範囲を拡げる特約
  • ・他車運転特約
  • ・ファミリーバイク特約
  • ・個人賠償責任(自転車)特約
  • ・ファミリー障害(おりても)特約
  • 事故時に備える特約
  • ・代車(レンタカー)費用特約
  • ・弁護士費用特約
  • その他の特約
  • ・ゴルフ特約
  • ・地震噴火津波特約

1つ目は補償を手厚くする特約で、車両価格よりオーバーしてしまった修理費用分を補償する「対物超過特約」や車内に積んでいたゴルフバックや荷物が事故で壊れてしまった場合にその修理費用やあらかじめ定められた金額が支払われる「車内身の回り品担保特約」などがあります。乗っている車に愛着がある方や貴重品を車でよく運ばれる方などはこのような特約で補償を手厚くしておくと安心です。2つ目の補償範囲を拡げる特約については後述します。

3つ目の事故時に備える特約とは、乗っている車を修理に出している期間に使用した代車やレンタカーの費用を補てんしてくれたり、また過失割合や事故調査、示談交渉といった弁護士に依頼する費用を補償してくれるものです。「代車費用特約」「弁護士費用特約」などはロードサービス(アシスタント)に無料で含まれている保険会社もあり、保険料や補償内容を総合的に比較検討する必要があります。ただし、万が一の場合に交通事故に強い弁護士が助けてくれるのは大きな力となるので、ロードサービスに弁護士費用特約が含まれていない場合はオプションとして付帯されておくことをおすすめします。

他にもゴルフのホールインワン達成時に保険金が受け取れる「ゴルフ保険」や通常では車両費用が補償されない自然災害による事故でも補償される「地震・噴火・津波特約」などあります。特約は無料で付帯させられるものや数百円から付帯させることができるものもあるので、万が一の場合に備えたいという方は保険料と見比べて付帯を検討してみましょう。

特約から自動車保険を選ぶポイント

自動車保険に付帯できる特約の中で注目されているのが「個人賠償責任特約」です。この特約は日常生活において他人をケガさせたり他人の物を壊した場合に補償されるもので、「自転車保険」としても活用できるのがポイントです。近年、自転車事故によって高額な賠償金を請求される事件が話題になっており1億円近くの賠償額となった判例もあります。

そのため自治体も条例で自転車保険への加入を義務付けるなど対策を行っていますが、まだ未加入のまま自転車を利用されている方も数多くいるのが現状です。そこで車を所有していて任意保険に加入されている方は個人賠償責任特約を付帯させておき、ご自身や家族、お子さんが自転車を運転される場合の万が一の事故に備えて手厚い補償を受けられるようにしておくことが大切です。自転車保険は運転者のケガに対しても補償されるので、医療保険に加入されていない方は加入を検討してみましょう。

参考リンク
・日本損害保険協会「自転車事故と保険
・産経WEST「母親驚愕 息子の自転車事故の賠償金9500万円の明細は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。