車両保険金額の決め方

    車両価格

    車両保険を付帯させる上で必ず決めなければいけないのが「車両保険金額」です。このページではおすすめの設定方法や個別のケースに応じた金額の決め方を解説しています。

    車両保険金額とは

    車両保険金額とは車両保険を使って保険金を請求した場合に支払われる限度額のことで、自動車保険に加入する際に車両保険を付ける場合は設定する必要があります。車両保険金額は車の種類や年式、償却具合に応じて設定できる金額が決まっており、市場価格における車両本体価格だけではなくカーナビやエアコンなどの付属品、購入にかかった消費税も含めて設定金額が算出されます。

    また保険会社によって上限価格と下限価格が設定されており、例えば300万円から350万円の間であれば10万円単位で選択することができます。年齢が若かったり等級が低い運転者は事故を起こす可能性が高いとされているため、車両保険金額を上げるほど保険料が大きくなる傾向があります。反対に事故率が低い40~50代の運転手やもともとの車両価格が低い中古車などの場合は車両保険金額を最大に設定しても保険料は大きく上がりません。

    車両保険金額に含まれる車両保険金額に含まれない
    <車両>
    車両本体価格
    <付属品>
    カーナビ
    エアコン
    カーステレオ
    サイドバイザー
    フロアマット
    標準工具
    発煙筒
    <税金>
    消費税
    <付属品>
    装飾品
    インテリア
    <税金>
    自動車税
    自動車重量税
    車両取得税
    <諸費用>
    車検費用
    納車費用
    整備費用

    車両保険金額は「車の価値に付随する付属品」であれば上限金額を上げることができ、また自動車保険の加入中であればいつでも変更することができます。そのため自動車保険に加入した後にカーナビなどを購入して車の価値が上がれば、契約している保険会社に連絡して車両保険金額を上げることができるので忘れずに連絡するようにしましょう。

    新車を購入して喜ぶ家族

    また車を長く乗っていると走行距離が増えたり付属品も消耗したりして原価償却され、1年ごとに車両保険金額も下がっていくことになります。同じ保険会社でずっと更新されている方は知らず知らずのうちに車両保険金額も下がっていることもあるので、更新のたびに設定金額がどれくらい変化したのか確認されることをおすすめします。

    車両保険金額を決めるポイント

    運転者の年齢が高く等級も高い人であれば、車両保険金額の上限まで設定しても下限金額と保険料の差が数百円~1000円程度しかありません。そのため保険料に差があまり出ないという方は最大金額で設定するようにしましょう。反対に年齢が低く等級も低い人は契約車両によっては車両保険の保険料が大幅にアップししてしまう可能性があります。そのため自動車保険の契約対象車両をよく吟味して選んだり、事前に家族間で等級の引継ぎを行っておくなどの工夫が必要です。

    ただし新車や高級車の場合は修理費用や買い替えにかかる費用も高くなるため、万が一の場合に備えるために上限金額での設定がおすすめです。

    • ・新車、高級車の場合 → 上限金額での設定
    • ・2~3年目の車の場合 → 保険料と相談して決定
    • ・中古車や10年目以降の車の場合 → 下限金額での設定、または車両保険を付けない
    • ・年齢が若く等級も低い人 → 契約車両の市場価格を見据えて選ぶ
    • ・40~50代で等級も高い人 → 上限金額での設定

    2~3年目の車の場合は減価償却も進んで新車に比べると車両保険金額も2~3割下がることになります。車両保険金額を下限にすると数千円ほど保険料が下がることもありますが、2~3年目の場合でも上限金額で設定がおすすめです。バンパーのみの取り換えや簡単なこすり傷の修理だけであれば十万円以下で済みますので下限金額の設定でも十分補償されますが、もし全損になって車が修理できないほど破損してしまった場合は買い替えのための金額が補償されることになります。

    中古車や10年目以降の車は車両保険をつけるとある程度の車両保険金額が補償されますが、年間の保険料が数万円上がってしまうことを考えると車両保険自体を付けないことも検討してみましょう。自動車保険の一括見積もりサービスなどを利用して保険料を比較検討し、車両保険の有無によって保険料がどれくらい変わるのか更新前に見積もりをとっておくことをおすすめします。

    参考リンク
    ・SBI損保「車両保険金額とは?その決め方は?