電卓と貯金箱

現在ではさまざまな自動車保険の一括見積もりサービスがあり、必要な項目を入力するでけで簡単に保険料を比較検討することができます。しかしながら任意保険の保険料は個人によって異なるので、加入する人の特性によって保険料が数万円も異なることもあります。それでは任意保険の保険料を左右する要素にはどのようなものがあるのでしょうか?保険料を抑えるポイントについても解説しています。

自動車保険の保険料を左右する要素

任意保険の保険料は主に運転する記名被保険者や等級、車の価格などによって変化します。また同じ補償内容や車種であっても、加入する損害保険会社によっても保険料が異なります。

  • 1:個人的な特性 ・・・ 年齢、免許種類(ゴールド免許など)
  • 2:補償範囲 ・・・ 本人限定(または家族)
  • 3:補償内容、特約 ・・・ 車両保険や特約の有無
  • 4:車の特性 ・・・ 料率クラス、車種、走行距離、使用目的
  • 5:割引 ・・・ 等級、割引制度など

記名被保険者の年齢

まず個人的な特性として年齢は保険料を大きく左右します。免許を取得したばかりの18歳や20代は運転に慣れていない人も多く事故を起こす確率が高いとされ保険料が高めに設定されています。特に親などから等級を引きつかず初めからグレードが低い等級からスタートすることになると年間の保険料が8万円近くになることもあるので気を付けましょう。

反対に年齢を重ねて40~50代になると事故率が下がると言われており、「おとなの自動車保険」といった名称で販売されるように保険料が割安になります。またゴールド免許であれば保険料が数%割引になる保険会社もあるので積極的に選択するようにしましょう。

補償範囲

また運転する人を本人に限定することによって保険料が割り引かれます。補償範囲を家族にまで拡げることもできますが、例えば年齢が若い子供世代も運転するとなると保険料が大幅にアップすることになります。また自動車保険には弁護士費用特約や携行品損害補償特約などもありますが、個人賠償責任補償特約などは生命保険と保障範囲が重複していることもあるので加入前に無駄がないかチェックしましょう。無料で相談を受けられる保険相談サービスでは生命保険も含めてトータルで保険の見直しや点検ができるのでおすすめです。

保険をかける車両の価値

その他にも高級車と軽自動車では同じ事故でも修理にかかる費用が異なるため、車種による料率クラスというものによって保険料が決められます。特に自分の車を修理する車両保険を付帯させる場合は高級な車ほど高くなるので注意が必要です。車両保険を使うと等級が下がるなど全体の保険料にも影響するので、修理費用と保険料アップを比較検討することが費用を抑えるポイントです。

また年間の走行距離や通勤かレジャー、買い物といった使用目的によっても保険料が変わってきます。最近ではエコカー割引や安全装置割引なども充実してきているので、できるだけたくさんの割引が適用される保険会社を選ぶと保険料を安くすることができます。ただしロードサービスの満足度や保険金の限度額といった実際に事故にあった際に手厚い補償を受けられるかも大切なポイントですので、保険料だけで自動車保険を選ばないことをおすすめします。

保険料の節約ポイント

自動車保険の保険料を抑えるポイントとして、補償範囲を限定したり車両保険を外したりなど補償内容を抑えていく方法と、割引制度を活用したり保険会社を見直してみる方法の2つがあります。補償内容を充実させたいという方は一括見積もりサービスなどを利用してよく比較検討することが大切です。

  • 補償範囲を限定する
  • ・運転者限定、年齢条件
  • ・運転者や同乗者への補償
  • ・走行距離の見直し
  • 車両保険の見直し
  • ・免責金額を設定する
  • ・車両保険を外す
  • 車の買い替え
  • ・衝突安全ブレーキ
  • ・エコカー割引
  • ・新車、セカンドカー割引
  • 保険会社の乗り換え
  • ・ダイレクト型(通販型)自動車保険へ
  • ・一括見積もりサービスの活用

補償範囲を限定する

まず考えたいのが補償対象となる運転者を絞る方法で、年齢が35歳を越えると保険料が25%~50%になる保険会社もあります。また家族で同じ車を運転する場合、年齢が若いこどもが滅多に車に乗らないのであれば補償範囲から外し、旅行などに車を使う日だけ短期間の自動車保険に加入するという方法もあります。

また同乗者のケガなどを補償する搭乗者傷害保険ですが、人身傷害保険を付帯させていれば外しても大きな問題はありません。損保会社によっては数万円保険料が下がるところもあるので、見積もり依頼時に条件を変更して見直しを検討してみましょう。日常生活における車の使い方を変えることによって走行距離を減らすことにつながるので、次回更新時からの保険料の節約をすることができます。例えば近所への買い物には自転車やバイクを使用したり、車を使用する際はまとめて用事を済ませるなどの工夫を施すことで保険料の節約につながります。

車両保険の見直し

次に車両保険ですが免責金額を設定することで保険料が安くなります。免責金額とは車両保険を使用する際に保険会社が支払いを免除する金額のことで、例えば修理費用が30万円かかる車両保険(免責金額10万円)を使用した場合は20万円のみ保険会社から支払われることになります。

新車購入時にも見直しを

この免責金額を付けたり大きい金額を設定しておくことで保険料が大きく下がります。また運転者が35歳以下の場合は車両保険が大きくアップするので、年齢が若いうちは中古車など車両価格が安い車を使用したり、車両保険を省くことによって保険料を大きく節約することができます。

割引制度の活用

また車を新しく購入する場合は保険会社が掲げている割引制度が適用できる車種を選ぶことで保険料を抑えることもできます。最近では衝突安全ブレーキ(AEB、CMVS)割引が適用されると5~8千円ほど保険料が安くなり、またエコカーであれば3%ほどの割引に加えてエコカー減税も適用されるので自動車取得税や自動車重量税なども安くなります。同居する家族が新しく車を購入する場合は、家族が加入している保険のセカンドカー割引を活用すれば割引が適用されるとともに7等級からスタートできるので保険料を抑えることができます。

現在加入している自動車保険がダイレクト型(ネット通販)ではない場合、ダイレクト型にすることによって新規加入割引(1万円ほど)が受けられます。最近では独自の割引制度を設けている損保会社もあるので、1つ1つの会社に見積もり依頼を行うのは手間がかかります。そこで自動車保険の一括見積もりサービスを利用して、割引で保険料がどれくらい下がるのか見積もり依頼をされることをおすすめします。各保険会社から届く見積もり書にはどの割引が適用されるかも記載されているので比較検討しやすくなっています。

自賠責保険でも保険料を抑えられる

自賠責保険は強制加入で誰もが契約をしなければいけませんが、実は契約方法を変えることによって保険料を大きく抑えることができます。1年間(12ヶ月)の単年契約では普通自動車の場合だと15520の保険料ですが、3年契約(長期契約)をすると35930円の保険料となります。単年契約を3年続けると46560円の保険料となりますから、長期契約をすることで1万円以上も保険料を節約することができます。(※平成29年4月1日以降の加入の場合)

契約期間普通自動車軽自動車
12ヶ月(1年)15,520円15,130円
24ヶ月(2年)25,830円25,070円
36ヶ月(3年)35,950円34,820円

他にも配偶者がペーパードライバーでゴールド免許の場合、契約者を配偶者にすることでゴールド免許割引が適用されて保険料が安くなる裏技などもあります。加入している生命保険と保障内容が重複している場合は保険を見直すことによって保険料を節約することもできるので、損保会社を取り合っている保険の無料相談サービスなどを利用してFPに一度点検してもらうのもおすすめです。

参考リンク
・トヨタ「エコカー減税