2018年 6月 の投稿一覧

地震時における自動車保険の補償

2018年6月18日に大阪北部を中心に最大震度6弱の地震が発生しました。私鉄やJR、地下鉄といったあらゆる鉄道が運行停止したり、水道管が破裂し道路が冠水しました。他にもガスや電気などのライフランが止まったり、ブロック塀が倒壊して死傷者も出るなどの大きな被害を受けました。

また瓦が屋根から外れて車に当たってキズがいったり、フロントガラスに直撃して割れてしまうという被害も多数出ました。このような地震による被害は自動車保険で補償されるのでしょうか?

保険の種類 補償対象 補償されるかどうか
車両保険 車両の損傷 補償されない
地震特約(地震等自車両全損一時金特約) 車両の損傷、津波による流出 補償される
対人・対物補償、人身傷害補償、搭乗者傷害補償 人や物に対する損害補償 補償されない
ロードサービス 緊急対応サービス、警備スタッフかけつけ、宿泊費負担など 利用できない

まず車両保険を付帯させていても地震、津波、噴火による自然災害は保障の対象外となっているので注意しておきましょう。台風、洪水、火災が原因による車両への損傷の場合は、車両保険の「一般型」または「エコノミータイプ」を付帯させていれば補償されます。

どうして同じ自然災害でも補償されるケースと補償されないケースが出てくるのでしょうか?自然災害の中でも被害規模が大きくなることが予想される「地震、津波、噴火」の場合は補償対象に含めてしまうと、保険会社が多額の保険金を支払わなければいけない事態に陥ることもあります。保険会社が倒産してしまうと他の保険加入者も通常の補償を受けられなくなるといった影響も出てしまう可能性があり、そのため大規模な自然災害に関しては約款で補償の対象外としている保険会社がほとんどです。

地震、津波、噴火

ただし、保険会社の中では「車両全損時一時金特約」を地震、津波、噴火による被害でも補償しているところもあります。この特約は地震などの自然災害で車が全損したり津波で流されてしまって見つけられなくなった場合でも、一時金として50万円を支払ってくれるという補償内容となっています。車が使えないと通勤や通学、買い物といった生活に支障が出る方にとっては、一時金を利用してすぐに車を確保できるというメリットがあります。保険料は年間2,000~5,000円の間なので、貯蓄があまり無い方は保険で備えておかれることをおすすめします。

またほとんどの保険会社では地震、津波、噴火が発生したことが原因によるロードサービスの利用はできないことになっています。例えば地震が原因で側溝に落輪したり、噴火が原因で道路が利用できなくなり宿泊施設を利用せざるを得なかった場合でも、落輪引き上げサービスや宿泊費用の補償は行ってくれないので注意が必要です。

地震発生時に事故を起こさないポイント

もう1つ注意しなければいけないのが、地震、津波、噴火が原因で対人事故や対物事故を起こしてしまった場合や、運転者自身や搭乗者がケガを負った場合なども自動車保険の補償適用外となってしまう点です。例えば、「地面が激しく揺れてハンドルを取られてしまい、それが原因で人をはねてしまった」「火口から飛び出してきた噴石が車に当たり搭乗者がケガを負った」などのケースでは自動車保険を使うことができません。

上の動画(Youtube)は大阪の地震発生時に運転していた方がドライブレコーダーで撮影したものです。高速道路では揺れがより激しくなっていましたし、運転中に地震に遭遇した場合は「まわりの交通状況を見ながらハザードランプを付けて、徐々にスピードを下げながら道路の左側に停車する」ことが大切です。動画でもハザードランプをつけながら徐行し、道路の左側に停車させている様子が撮影されています。

万が一、車の中で宿泊するケースも想定して「水や乾パンなどの非常食、毛布」といった防災グッズを車内に備えておくこともおすすめします。また地震による被害で保険金を請求する場合は証拠となる写真を撮影しておくと保険金請求の手続きをスムーズに行えます。車を修理に出す前に被害状況が分かる写真を保存しておくようにしましょう。

参考リンク
・アクサダイレクト「地震・噴火・津波危険 車両全損時一時金特約
・JAF「クルマを運転中に地震が発生したら?

三井ダイレクト損保

  • 1:保険料が割安なダイレクト型自動車保険、被害者救済費用特約も
  • 2:事故対応満足度92%、24時間365日事故受付、ロードサービスも充実
  • 3:アプリ「ドライブサポーター」や特設サイト「ムジコロジー」で安全運転をサポート

三井ダイレクト損保は「MS&ADインシュアランスグループ」が手掛けるダイレクト型の自動車保険で、代理店を通さないネット通販で販売を行っています。10,500円のインターネット割引やASV(衝突被害軽減自動ブレーキ)割引といった各種割引制度も充実しており、保険料満足度も98.6%と非常に高い数値となっています。

また2018年7月1日より被害者救済費用特約が自動でセットされ、リコールなどによる契約車両の欠陥や外部からの不正アクセスが原因による事故で被保険者に責任がない場合でも保険金が支払われます。この特約の付帯によって自動運転システムが搭載された車を運転する方はよりいっそう安心して車を利用することができます。

契約者が無料で利用できるスマホアプリ「ムジコロジードライブ」では、GPS機能を活用したドライブ診断によって安全運転のスコアを測定し80点以上を獲得すれば飲食店などで利用できるクーポンを発行してもらえます。詳しくは下の動画で詳しく解説されています(Youtube)。

ロードサービスも充実しており、365日24時間事故受付や1事故ごとの専任対応制で専門のスタッフが対応してくれます。レッカー移動やバッテリー上がりといった車両トラブルへの無料対応、弁護士費用特約といった補償面でのサポートも付けられるので万が一の場合でも安心です。

<< キャンペーン内容&適用条件 >>
現在、三井ダイレクト損保では「ご友人・ご家族紹介キャンペーン」を実施しており、紹介者と契約した方にモスバーガーポテトSセットがプレゼントされます(2018年7月1日~2018年9月30日まで)。紹介者は三井ダイレクト損保に加入している必要はありません(詳しいキャンペーン適用条件はこちら)。

また見積もり保存を行うことで契約者向けの「クルマ生活応援サービス クラブオフ」の一部を無料で利用することができます。例えばドミノピザの商品代が15%オフ、映画館チケットが28%オフなどお得なクーポンが期間内であれば何度でも利用することができます。

<< サービス利用&キャンペーン申込み手順 >> ※画像をクリックすると拡大します

1.三井ダイレクト損保の公式サイトへジャンプします

2.キャンペーンページよりエントリー方法や適用条件などを確認します

3.紹介者、紹介される人の情報を登録していきます

4.応募が完了すると以下の画面が表示され、紹介を受ける人のメールアドレスに案内メールが届きます

5.紹介を受けた方が見積もりに必要な情報を入力していきます(加入中の保険証券、車検証があると便利です)

6.見積もり結果が表示されます

※管理人の場合は、5万2500円の保険料が3万6000円ほどの見積もり結果となりました。

7.加入手続きを済ませると、紹介者のメールアドレスに賞品案内メールが届きます(商品の発送はキャンペーン成立翌月中旬ごろ)

<< 過去のキャンペーン情報 >>
・紹介キャンペーン → 「サーティンワンアイスクリームギフト券500円分」をプレゼント、また紹介を受けて契約をされた方は「ネスカフェゴールドブレンドバリスタ50」が抽選で当たります(2018年4月1日~2018年6月30日まで)

<< 三井ダイレクト損保の口コミ、体験談 >>
・事故を起こしてしまったのですが、休日も19時までやっているので事故対応してくれた。(30代、会社員)
・安全運転を心がけるとクーポンがもらえるアプリが嬉しい、ランチ会によく使ってます。(40代、主婦)
・代理店から乗り換えたら保険料が2万円以上も安くなった。見積もりも好きに変更できるのが良い。(40代、自営業)
・衝突安全ブレーキ割引が追加されるということで乗り換えを検討しています。(50代、会社員)
・親戚から紹介された加入しましたが、電話案内も分かりやすくて親切だった。(60代、無職)

公式サイト:三井ダイレクト損保

梅雨時期の事故予防と保険による補償

6月に入りそろそろ梅雨の時期が近づいてきていますが、梅雨の季節は自動車による交通事故も多い時期なので注意が必要です。まずは2014年6月29日に渋谷付近で撮影されたこちらの動画をご覧ください(Youtube)。

このようなゲリラ豪雨に巻き込まれてしまうと視界が非常に悪くなり、十数メートル先もたちまち見えなくなってしまいます。またアンダーパスでは水が溜まって通行できなくなり、最悪の場合は車が水没してしまって死に至る危険性もあります。平成27年交通安全白書のデータによると、月別の交通事故件数では12月が5.44万件と1年間の中で最も事故件数が多くなっています。これは帰省中のドライバーによる事故が多いためで、3月や10~11月の行楽シーズンも車に乗る機会が増えるため事故件数も多くなっていると推測されています。

月別自動車事故のデータ

一方で6~7月の梅雨時期の事故件数も多くなっており、これは雨による影響が原因だと考えられています。上の動画でもわかるように少しの雨でもフロントガラスに水滴が付くと視界が悪くなりますし、路面が濡れるとブレーキの利きも悪くなるので衝突事故の危険性も高まります。

  • 原因1:視界が悪くなる
  • 原因2:路面が濡れることによるブレーキ機能の低下
  • 原因3:歩行者の視界不良、自転車の転倒など

また歩行者も傘をさすため前方や周囲への視界が遮られてしまい、近くを走っている車やバイクに気づきにくい点も事故につながりやすくなっています。最近ではスポーツタイプのスピードが出る自転車が人気で車道を走っている風景をよく目にしますが、このような自転車はタイヤ幅も狭いためブレーキが効きにくく雨天時の事故が多いとも言われています。雨天時に車を運転する際には昼間であってもライトを点灯したり、周りの歩行者や自転車に注意して走行することが大切です。

コーティングの有無による違い
※雨の量も少し異なりますがコーティングを行うことで視界がかなり変わります

また事前にドライブルートを確認してアンダーパスを避ける道順を計画したり、タイヤの擦り具合やバンパーの劣化などもチェックしておくようにしましょう。個人的におすすめなのが「フロントガラスの撥水効果を高めるコーティング」で、これを行っておくことで雨粒の弾き方が大きく変わります。もし大雨に巻き込まれてしまっても比較的視界は確保することができ、落ち着いて運転しやすくなるのでおすすめです。他にも車内の湿度上昇による「曇り防止」もしっかりと行っておきましょう。

自動車保険による雨天時の補償

もしアンダーパスで車が水没して壊れてしまったり、土砂災害によって車が押し流されてしまったような場合でも、車両保険の「一般型」もしくは「エコノミー型」に加入していれば契約車両の修理費用が補償されます。また車両新価(新車買替)特約に加入していれば、登録後半年以内の契約車両の修理費用が購入費用の50%を超えると新車購入時にかかった費用の全額が補償されます。

ただし保険金を請求すると翌年は等級が1つ下がり、また1年間は事故有等級が適用されるので保険料が大幅にアップしてしまいます。保険料を抑えるためにはできるだけ事故を起こさないように運転前の点検をしっかり行い、いつも以上に安全運転を心がけることが大切です。また万が一事故に巻き込まれてしまった場合でも事故現場まで警備スタッフがかけつけてくれるロードサービスを提供している「おとなの自動車保険」や「イーデザイン損保」といった損害保険会社を選んでおくと安心です。

参考リンク
・内閣府:「平成26年中の道路交通事故の状況
・フォルクスワーゲン郡山:「コーティング撥水効果の実験!
・ソニー損保:自動車保険の自然災害ガイド「大雨、ゲリラ豪雨による損害