2019年 4月 の投稿一覧

イーデザイン損保「絶対もらえる!選べるギフトプレゼント」を徹底解説

イーデザイン損保のキャンペーン

キャンペーン内容

楽天保険を経由してイーデザイン損保の保険料の新規見積もりを取られた方に「LAWSON ウチカフェプレミアムロールケーキ」などがもらえたり、また新規契約で「モスバーガーとびきりハンバーグサンド」や「サーティワンアイスクリーム レギュラーシングル」などから選んでもらえるキャンペーンを実施しています(2019年4月1日~2020年3月31日)。一括見積もりサービスのNTTif自動車保険でも同様のキャンペーンを実施していますが、楽天保険を経由すると見積もりだけでもらえるプレゼントもあるのでお得です。

項目説明
キャンペーン期間2019年4月1日~2020年3月31日
プレゼント内容◎見積もり(下の3点より1つ選択)
・LAWSON 「MACHIcafeドリンク(S)1杯」or「スムージー各種1本」or「ウチカフェプレミアムロールケーキ1個」
◎新規契約(下の7点から1つ選択)
・LAWSON 「MACHIcafeドリンク(S)5杯 or スムージー各種3本」+「ウチカフェプレミアムロールケーキ3個」
・ケンタッキーフライドチキン 「オリジナルチキン4ピース」or「3ピースチキンセット」or「チキンフィレサンドセット1個+1ピースチキン」
・モスバーガー 「とびきりハンバーグサンド(チーズ)1個」
・サーティワンアイスクリーム 「レギュラーシングルギフト券2枚」
適用条件、対象者・楽天保険のサイトを経由して新規見積もりまたは新規契約された方
(イーデザイン損保で自動車保険の契約をされている方は対象外です)
応募方法キャンペーン専用ページまたは電話(※)見積もりまたは契約を行う
郵送時期見積もり保存または申込みを完了した日の翌週に登録メールアドレスへ案内通知

※電話で見積もりを依頼される場合は「受付コード」をオペレーターに伝える必要があります。

サービス利用&キャンペーン申込み手順

 ※画像をクリックすると拡大します

1.楽天保険の専用ページへジャンプし、キャンペーンバナーをクリックします

2.見積もりに必要な情報を入力していきます

3.おおよその保険料とキャンペーンでもらえるギフトが表示されます

4.プレゼント内容を確認した上で「正確なお見積りはこちら」をクリックします

5.営業店コードと代理店コードが表示され、「次へ」をクリックします

6.イーデザイン損保のサイトへジャンプするので、必要な情報を入力していきます(手元に加入中の自動車保険の証券、車検証があると便利です)

7.補償範囲や車両保険の有無などを確認し、「お見積り結果へ」をクリック

※管理人の場合は、5万2500円の保険料が3万6000円ほどの見積もり結果となりました。

8.3つのプランと保険料が提示されるので、右上の「お見積りを保存する」をクリック

9.個人情報を入力していき、「入力内容を確認する」をクリック

10.見積もり保存した翌週を目途にイーデザイン損保から応募案内のメールが届きます。

プレゼント商品の解説

Lawson MACHIcafeドリンク、スムージー、プレミアムロールケーキ
ローソンでもらった商品
ローソンの「MACHIcafe(マチカフェ)」は2011年にスタートしたコンビニ内にカフェをつくるというコンセプトで生まれたブランドで、ちょっとした時間にコーヒーやスイーツを手軽に楽しめる商品がラインアップされています。このキャンペーンでプレゼントされるのはドリンクSサイズやスムージー、プレミアムロールケーキで、お好みに合わせて希望する商品をセレクトできます。

メーカー製品情報ページ:ローソン「マチカフェ

FPコメント

キャンペーンでもらえる商品はどれも美味しい味に仕上がっていて、特にプレミアムロールケーキは女性や子供にも大人気の商品です。契約されるとさらにたくさんのプレゼントがもらえるので、更新の際に乗り換えを検討されてみてはいかがでしょうか。

ソニー損保「HOME COORDY 保冷機能付きレジカゴバッグプレゼント」を徹底解説

イオン保険サービスのキャンペーン

キャンペーン内容

イオン保険サービスを経由してソニー損保の自動車保険に加入された方を対象に「HOME COORDY 保冷機能付きレジカゴバッグ」がプレゼントされるキャンペーンを実施しています(2019年4月1日~2019年9月30日)。保険相談サービスを利用する必要はなく、対象ページより新規契約(年間保険料20,000円以上)でもれなくプレゼントされます。ソニー損保への乗り換えを検討されている方はぜひチェックしてみてください。

項目説明
キャンペーン期間2019年4月1日~2019年9月30日
プレゼント内容HOME COORDY 保冷機能付きレジカゴバッグ2セット
適用条件、対象者 ・イオン保険サービスのサイト経由でソニー損保の自動車保険に加入された方
・年間保険料20,000円以上
・現在はソニー損保以外の自動車保険に加入されている方、または新規契約される方
応募方法対象ページよりインターネットまたは電話(※)で契約手続き
郵送時期契約(保険料の支払い完了)した月の翌々月末までに発送

※電話で見積もりを依頼される場合は「受付コード」をオペレーターに伝える必要があります。

サービス利用&キャンペーン申込み手順

 ※画像をクリックすると拡大します
1.イオン保険マーケットのキャンペーンページへジャンプし、ソニー損保のバナーをクリックします

2.ソニー損保の専用ページへ移動するので、左下のバナーよりプレゼント内容を確認します

3.「HOME COORDY 保冷機能付きレジカゴバッグ」のプレゼント内容、適用条件などを確認します

4.「まずは無料見積もり!」ボタンをクリックし、必要な情報を入力していきます

5.現在の事故有等級、契約期間中の事故件数を選択して送信します

2019年4月1日以降の契約には無事故割引2,000円が適用されます

6.年間走行距離についても入力していきます

7.「次へ(見積もり結果)」をクリックすると保険料が提示されます

8.3つの保険プランが提案されるので、補償内容を確認します

※管理人の場合は、5万2500円の保険料が3万9000円ほどの見積もり結果となりました。

9.補償内容や保険料に問題が無ければ契約の手続きを進めます(手元に加入中の自動車保険の証券、車検証があると便利です)

10.保険料の支払い手続きが完了すれば自動車保険の契約が完了し、翌々月末までに登録した契約者の住所まで商品が発送されます

プレゼント商品の解説

HOME COORDY 保冷機能付きカゴバッグ
HOME COORDY 保冷機能付きカゴバッグの大きさ、中の構造
イオンのプライベートブランド「TOPVALU(トップバリュ)」は暮らしをより上質に仕立てる生活雑貨やインテリアのブランド「HOME COORDY」を手掛けています。このキャンペーンでプレゼントされるのは、HOME COORDYが開発した保冷機能付きカゴバッグです。幅39cm、高さ24cm、奥行25cmのサイズで付いている紐を使って簡単にコンパクトに折り畳めることができます。

メーカー製品情報ページ:トップバリュ「保冷折りたたみレジカゴ用バッグ

FPコメント

スーパーマッケートのカゴの大きさに対応しており、レジで店員さんに渡せば会計済みのカゴにセットしてくれるのでレジ袋に移す手間も省けてエコバッグ替わりにも。夏場の暑い季節に要冷蔵の商品やアイスなども熱さから守ってくれるとても便利なグッズです。

公式ページ:ソニー損保キャンペーンページ

2019年4月から実施される各損保会社の変更点

change

新年号「令和」も発表されて4月1日より新しい年度もスタートしました。職場が変わったり新しい地域で生活をスタートされた方もたくさんいらっしゃると思いますが、年度が変わるタイミングで契約に関わる約款を変更することがよくあります。自動車保険においてもいくつか変更された点がありますのでまとめて紹介したいと思います。

損害保険会社変更点
イーデザイン損保・「車両無過失事故」の適用拡大
・「保険金のお支払いをしない場合」の適用変更
・保険料の改訂
ソニー損保・「無事故割引(2,000円)」の新設
・ゴールド免許割引10%から12%に
・新車割引5%から9%に
・個人賠償責任特約の上限を3億円に
楽天損保・ゴールド免許割引15%適用
・新車割引10%(車両保険は8%)適用
損保ジャパン日本興亜
東京海上日動
三井住友海上
・保険料改訂に伴い大口団体割引の割引率の変更

まずイーデザイン損保ですが、2019年4月20日より自動車保険の契約内容を改訂します。1つ目の変更点は車両無過失事故の適用拡大で、自動走行システムを利用していた際に起こった事故に対しては条件を満たせば等級がダウンすることなく保険金を受け取れるというものです。これが適用されるためには運転者に過失がなく、車両に対するハッキングや欠陥が原因であると証明されることが必要です。例えば正常にブレーキを踏んでいたのに車が勝手に動いてしまって物を壊してしまった場合などです。また危険ドラッグなどを使用して車を正常に運転できない状態で事故を起こしても保険金を受け取ることができなくなります。

次にソニー損保ですが、2019年4月1日以降の契約者を対象に「無事故割引」を適用させました。前年の任意保険の契約において等級がダウンする事故を起こさなかった方を対象に2,000円の保険料割引が適用されます。無事故割引は他社からの乗り換えでも条件を満たせば適用されますが、一部の共済には対応していないので契約前に確認されることをおすすめします。また「ゴールド免許割引」の割引率を従来よりアップさせ、事故率が低い安全運転を心がける人にとっては嬉しい改訂となります。他にも「個人賠償責任特約」の上限を3億円までに引き上げたことで、昨今話題になっている自転車事故による高額な賠償にも備えることができるようになりました。

また2018年に朝日海上火災から楽天損害保険会社へと社名を変更した楽天損保ですが、2019年4月1日よりゴールド免許保有者に対して15%の保険料割引を適用させました。登録から25ヶ月以内の新車であれば対人賠償保険や人身傷害保険の保険料が10%割引、車両保険が8%割引となります。楽天損保の場合は個人でも最大で6年の長期契約ができるので、途中で事故を起こしても保険料がアップしにくいというメリットもあります。

保険料の見積もり書と電卓

大手の損害保険会社が企業向けに行っている「大口団体契約割引」ですが、保険料率の改訂にともなってほとんどの団体契約で割引率をアップさせました。ダイレクト型ではネット割引10,000円のように固定した金額で割引を受けられますが、団体割引の場合は割引率が27%というところもあります。そのため、保険料が高くなる若い世代や補償を手厚くしたり補償範囲を広げたいという方にとっては団体割引で加入した方が保険料を安くできる可能性もあります。大口契約は一部の代理店でしか行っていないため、見積もりを依頼したい方はお近くの店舗までお問い合わせしてください。

各社で共通して変更されるのは「家族限定」が廃止されるという点と保険料率の変更に伴って保険料が下がるという2点です。家族限定は1~2%ほどの割引率でしたが、車の利用形態などの変化に応じて廃止されることとなっていました。その一方で同性パートナーに対しても配偶者割引を適用することができる損害保険会社(損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、ソニー損保など)も増えてきました。割引適用のためには双方の署名による同意書や自治体が定めるパートナー制度の書類などの提出が必要となります。

自賠責保険の保険料は据え置きに

2019年度から適用される自賠責保険の保険料は2018年と同じとなりました。算定基準となる損害率(支払保険金/収入純保険料*100)が2018年度とほとんど変わらなかったため、保険料率も据え置かれたためです。自賠責保険については事故に対する補償として支払われた「支払保険金」と車やバイクを運転している人が支払った保険料から経費などを差し引いた「収入純保険料」のバランスを見て保険料が決まります。任意保険の料率も事故率の低下とともに下がっていっているため、今後は自賠責保険の保険料も下がることが期待されています。

参考リンク
・金融庁「第139回自動車損害賠償責任保険審議会の開催結果について